Just another WordPress site

コーキング

  • HOME »
  • コーキング

コーキングについて

今現在の建物には昔みたいに木と木をはめ込んで、壁には土を塗り乾燥させてと長い施工日数がかかるようなのはなくなり、
最近の戸建て住宅は、下地は木造で壁にはサイディングという板を貼ってデザインがきれいで完成したときの仕上がりも良く、
施工日数もかからなくてコストも低価格でできるのが主流です。
しかし、サイディングの板を貼ると、サイディング一枚あたりの長さがだいたい2~3mぐらいなので
必ず板と板との間に目地(すき間)が出来てしまいます。

なので、そこにコーキングを入れて、水の侵入を防ぐのです。

サッシとサイディングの取合もそうです。
マンションなんかもコンクリートとサッシには、ほとんどと言っていいほどコーキングが施工されています。

コーキングというのは、施工初めはゴム状の液体みたいなのが時間が経つと堅いゴムに変わり、
弾力がありカッターなどで切らないとなかなか切れない
のです。

ただゴムなのでどうしても太陽(紫外線)は、敵なのです。

おおよそ10年でコーキングは劣化してしまい、ぼろぼろになってしまいます。
そうなると、水侵入が防げなくなり、雨漏りの原因のひとつとなってしまうのです。

また、材料にもいろいろな種類があり、変成シリコーン・ウレタンシール・ポリサルファイド・シリコーンなどが代表的です。
コーキングは必ず用途にあったものを選び、適材・適所で選ばないと、塗料を塗っても弾いてしまったり、
すぐに(1年)で切れてしまったりなどあるので、ホームセンターなどで売られている安価なシリコーンなど安いからと言って
それを家の壁や塗装してある壁などに施工してしまったりすると、塗料が弾いたり、つぎに上からコーキングを打ってもダメだったりなど
今後のリフォームで直せなくなってしまったりする材料もあるので、注意してください。

コーキングというのは、あまり建物の中では目立たないのですが、実は重要な建物の漏水を防いでくれているのです。

こんなところに施工してあります!

・戸建て住宅で、だいたい400mぐらいは普通で施工してあります。
・3F建てマンションぐらいで、1,000m以上は施工してあります。
・イオンの大きい建物で、3万m以上は実は施工してあるのです。
ビルイメージ
注意保証をつけない会社が多いのが現状です。
(施工を依頼する場合は、施工業者に確認してみたほうがいいです。)

各種コーキング

ポリウレタン

ポリウレタン系シーリング材料は、耐疲労性に優れたシーリング材であり、比較的安価であるため、中間的な性能部分の利用が多く、モルタル及びモルタル二次製品への目地に補修・改修材として使用されることも多いです。主にALC目地の改修や塗装仕上げを行う目地部分に用いられます。

アクリル系材料

アクリル系シーリング材とは、硬化すると弾性体になり湿ったカ所にも使用可能なシーリング材。主に新築時のALCの目地などに使用されますが、耐久性があまりなく肉やせが大きい。
現在では、ほとんど使われていませんがコストが一番安いです。

変成シリコーン

変成シリコーン系シーリング材とは、耐熱性・耐久性に優れたゴム性質の材料で、
主にサッシの面台やサイディングの目地など、露出する場所のシーリング材です。

ポリサルファイド

ポリサルファイド系シーリング材とは、歴史が一番古く、いろいろな被着体と強固な接着力を発現し、
優れたシーリング材として認識を得ています。主に石目地、タイル目地などに用いられます。
ただ塗装には、適していません。目地の動きに追従する弾性系シーリング材として、
1958年(昭和33年)に米国から輸入され、1963年(昭和38年)に国産化されたもっとも歴史のある材料です。

シリコーン

シリコーン系シーリング材とは、耐候性・耐熱性・耐疲労性に優れたシーリング材です。
主に、ガラスの廻り、水廻り(キッチン・浴室)に使用されます。
※比較的安価なので、外壁などに使用されることが多いのですが、
材料に入っているシリカ成分が外壁をよごしてしまうばかりか、表面に塗装が付着しないので、良くありません。

コーキング材料当社仕様書

施工工法

  • ポリウレタン
  • 変成
  • ポリサルファイド
  • シリコーン
  • サイディング用1成分用
  • ネオウレタン1成分表

コーキングメーカー

  • ヨコハマゴム(株)
  • サンスター技研(株)
  • サンスター技研(株)
  • セメダイン(株)
  • コニシ(株)
  • オート化学工業(株)

商品名

  • UH-01NB
  • MS2500
  • PS169N
  • シリコーン1成分性
  • サンライズ
  • オートン


施工仕様は、メーカーの施工要領書の規定通りで施工。
主なお取引様メーカーですが、他種も使用できます。
◎注入・欠損・外壁の浮きの材料お取引メーカーは、コニシ株式会社様です。

PAGETOP
Copyright © 株式会社マサ All Rights Reserved.