LINEでご相談・お見積り承ります。登録はこちら
0587-81-5699

ブログ

ブログ

ホーム | ブログ

水勾配について(※工事完了後に水溜まりができる理由)

水勾配について

基本的には、100分の1が基本的な水勾配です。
100mの水平距離に対して、高さが1mの斜面です。
水平距離が1mに対して、高さ1㎝が水勾配です。
ほぼフラットです。

防水工事後の表面張力 状況①

トップコート(保護塗料)を塗ると、
表面張力により(車に撥水剤を塗った感じ)
水玉が合体し勾配が少ないため、
水が流れない状況になります。
トップコートが落ち着いてきましたら
次第に表面張力が無くなっていきますので、
工事完了後すぐは、ご理解のほどお願いいたします。

防水工事後の表面張力 状況②

工事前は水溜まりができなかったが、
工事後に防水材樹脂の吸水性がゼロで撥水効果をもたらすため、
表面張力をし、水が合体しこの現象ができてしまいます。
時間が経過すると、
撥水機能が低下するため、気にならなくなります。
(防水性能は維持します。)

急な雨漏りも即日対応いたします

大切な住まいに雨漏りが生じたら、誰もが慌ててしまうもの。
やみくもに修理してかえって被害を深刻にしてしまう恐れもあります。

まずお電話ください。私たちが解決します!

無料診断・無料見積いたします。
お気軽にご相談ください。

LINEの登録方法の詳細はこちら お問い合わせフォーム
LINEの登録方法の詳細はこちら お問い合わせフォーム
ぎんなんちゃんLINEスタンプ販売中
Copyright © 株式会社マサ
All Rights Reserved.