無料でお見積りいたします。
0587-81-5699

防水工事の基礎知識

防水工事の基礎知識

ホーム | 防水工事の基礎知識

外壁塗装の施工方法は塗るだけじゃない?

博士

外壁塗装と聞くとローラーと刷毛で壁をコロコロするイメージが湧くと思いますが、そんな外壁塗装の仕上げ方法にも色々あります!

 「平塗り仕上げ」

最も一般的な外壁塗装の仕上げ方法です。

下塗り塗料と上塗り塗料を共にローラーで壁を転がして仕上げます。

 

「厚塗り仕上げ」

既存の壁に模様を付けて塗装を仕上げる施工方法です。

「マスチックローラー」というスポンジ状のローラーを使用し、通常の平塗り仕上げの塗装よりも、塗料の厚みが3倍~10倍程度付ける事ができるので、ひび割れが多い壁面に施工すると、外壁の防水効果も高くなります。

 

「吹き付け塗装仕上げ」

コンプレッサーと吹き付けガンを使って、塗料を吹き付けて仕上げます。

吹き付けリシン、吹き付けスタッコ、吹き付けタイル仕上げなどの、吹き付け模様をつけるため施工方法です。

 

「鏝(コテ)仕上げ」

ローラーや吹き付け機を使わずに、左官屋さんが使っている鏝で塗材を塗り付けて模様を仕上げる施工方法です。特に左官コテを使ったランダム仕上げの場合は、その職人が持つ美的センスが大きく醸し出されます。

 

お客様が満足できる上質な仕上がり感の外壁塗装をお求めのお客様は、ぜひ株式会社マサにお任せ下さい。

満足できる高品質で雨風から守る外壁塗装を施工しています。

過去の記事

急な雨漏りも即日対応いたします

大切な住まいに雨漏りが生じたら、誰もが慌ててしまうもの。
やみくもに修理してかえって被害を深刻にしてしまう恐れもあります。 まずお電話ください。私たちが解決します!

メールでのお問い合わせ

無料診断・無料見積いたしますお気軽にご相談・お問合せください

0587-81-5699 メールでのお問い合わせ
Copyright © 株式会社マサ
All Rights Reserved.
お問い合わせはこちら