無料でお見積りいたします。
0587-81-5699

防水工事

防水工事

ホーム | 防水工事

防水の重要性

雨漏りをすると木造の建物だと、下地の木に水を吸い込み、腐りまた乾かないと白アリの住みかになってしまいます。
また、雨漏りをし、天井などが濡れたりすると、ボード・下地の木・クロスの張り替えなどとてもコストがかかってしまうのです。
なので、防水工事は住んでしまうとなかなかメンテナンスを怠りがちなのですが、とても重要な工事なのです。
当社では雨漏りと防水工事のスペシャリストが最適な防水対策をご提案いたします。雨漏り、防水工事は実績と技術が豊富な当社にお任せください。


どう対策をしたらよいか?

3年おきの定期的検査、10年に一回の外壁のリフォームをお勧めします。
雨漏りを未然に防げば、美観を維持し、躯体を保護し、住まいの耐用年数を延ばして資産価値を高めることになるので早め早めのメンテナンスで寿命を延ばします。


簡単防水層チェック

  • シートが引っ張られている
    シートが引っ張られている
  • タイル取合部分のシート切れ
及び防水層のはがれ
    タイル取合部分のシート切れ
    及び防水層のはがれ
  • 【屋上】ドレンから草が生えている
    【屋上】ドレンから草が生えている
  • 水たまりがひかない
    水たまりがひかない
  • 【通路】長尺シートがめくれている
    【通路】長尺シートがめくれている
  • 壁のヒビ割れ(クラシック)
    壁のヒビ割れ(クラシック)
  • 防水層がたわんでいる
    防水層がたわんでいる
  • 防水層のめくれ
    防水層のめくれ
  • 防水端末のシール切れ
    防水端末のシール切れ

防水層チェック一覧表
防水層の種類がわかる方はこちら

コーキングについて

コーキングについて最近の戸建て住宅は、下地は木造で壁にはサイディングという板を貼ってデザインがきれいで完成したときの仕上がりも良く、施工日数もかからなくてコストも低価格でできるのが主流です。
しかし、サイディングの板を貼ると、サイディング一枚あたりの長さがだいたい2~3mぐらいなので必ず板と板との間に目地(すき間)が出来てしまいます。
なので、そこにコーキングを入れて、水の侵入を防ぐのです。

しかし、おおよそ10年でコーキングは劣化してしまい、ぼろぼろになってしまいます。そうなると、水侵入が防げなくなり、雨漏りの原因のひとつとなってしまうのです。

コーキングは必ず用途にあったものを選び、適材・適所で選ばないと、塗料を塗っても弾いてしまったり、すぐに(1年)で切れてしまったりなどしてしまいます。安価なシリコーンなど安いからと言ってそれを家の壁や塗装してある壁などに施工してしまったりすると、塗料が弾いたり、つぎに上からコーキングを打ってもダメだったりなど今後のリフォームで直せなくなってしまったりする材料もあります。
当社ではコーキングに関しても実績が多数ございます。コーキングに関するお問い合わせもぜひ、株式会社マサにご連絡ください。

塗布工事について

塗布工事について

塗装工事は、建物の美観を保つとともに、もっとも重要なのは外壁(サイディング・コンクリート・木・金物・樋・カラーベスト)など塗装すれば耐久性が上がるのです。
壁塗装部分の壁を触って白い粉が手に付くようならチョーキングと言い、塗替えの時期だと言われています。
塗装面にひび割れや、色褪せなど、10年に一度は見直したい工事です。

当社では様々な住宅の外観にフィットする、豊富なバリエーションと塗装に対応しております。お客様の住まいの環境に合わせた塗装のご提案をさせていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

マンション・ビルを経営されている方にもぜひ一度ご検討して頂きたいと思います。


マンション・ビルオーナーの方へ

急な雨漏りも即日対応いたします

メールでのお問い合わせ
  • 防水工事
  • マンション・ビルのオーナーの方へ
  • よくある質問
  • 会社概要
  • ブログ
  • 求人情報
Copyright © 株式会社マサ All Rights Reserved.
お問い合わせはこちら