無料でお見積りいたします。
0587-81-5699

防水工事の基礎知識

防水工事の基礎知識

ホーム | 防水工事の基礎知識

外壁塗装の必要性!!

博士

建物の外壁部分は、一般的に塗装によって保護されています。しかし、外壁は毎日過酷な環境に曝され、ダメージが蓄積されていきます。

 外壁の塗装が劣化する大きな要因として、太陽からの赤外線や紫外線、風、雨、雪、排気ガス、潮風、砂などの影響があります。

これらの影響によって、年月の経過と共に塗装の劣化が進んでいくので、塗装による保護機能は次第に低下してしまいます。

ですから、大体8~15年の一度の割合で、定期的に外壁の塗装を塗り直す必要があります。

特に日本は、多湿で雨が多い地域で、冬になると雪が降る事も度々あります。

外壁は1年を通じて雨や雪に曝される事になるので、防水、遮熱、断熱などの効果がある外壁塗装による保護は大変重要だと言えます。

外壁が更に劣化して、建物の室内に漏水してしまうと、それを修繕する為に更に多くの費用が掛かってしまうので、定期的に外壁を見直す人用があります。

防水工事一筋でやってきた株式会社マサだからこその雨風から守る外壁塗装をご提供させていただきます。

過去の記事

急な雨漏りも即日対応いたします

大切な住まいに雨漏りが生じたら、誰もが慌ててしまうもの。
やみくもに修理してかえって被害を深刻にしてしまう恐れもあります。 まずお電話ください。私たちが解決します!

メールでのお問い合わせ

無料診断・無料見積いたしますお気軽にご相談・お問合せください

0587-81-5699 メールでのお問い合わせ
Copyright © 株式会社マサ
All Rights Reserved.
お問い合わせはこちら